プロペシアの効果と副作用

プロペシアの効果と副作用を紹介しています。

プロペシアの効果と副作用の概要

プロペシアは日本で認可されている数少ない薄毛治療薬です。

薄毛治療を行う場合あ、このプロペシアの効果と副作用をより詳しく知っておくことで、治療効果を最大限に引き出したり、危険な副作用のリスクを回避できます。

ここでは、プロペシアの効果と副作用について、知っておきたいことをまとめておきます。

プロペシアの基本的な情報

プロペシアは、フィナステリドという有効成分が含まれた薬です。錠剤一つには1mgのフィナステリドが含まれており、これ以外の容量はありません。

プロペシアの成分フィナステリドは元々は前立腺肥大症の薬として開発されていた成分です。実際に前立腺肥大症の薬も「プロスカー」という名前で発売されており、どちらもMSDという製薬会社が製造しています。プロスカーとプロペシアの違いは、含まれているフィナステリドの容量で、プロペシアが1mgであるのにたいし、プロスカーは5mg含まれています。

前立腺肥大症も、薄毛(正確にはAGA:男性型脱毛症)もどちらとも男性の病気となっていて、このプロペシアは男性向けの薬となっています。

反対に女性は服用はできず、場合によっては触れることすら禁止されている薬です。女性にとっては危険な働きをしてしまう薬であるため、例え女性で薄毛が気になっていても、このプロペシアは利用することができません。

プロペシアの効果と具体的な働き

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)という薄毛の治療で使用されますので、薬の効果としては髪の毛を生やすものと思いがちです。

しかし正確には、AGAの原因物質の働きを阻害し、AGAの進行を抑止することがプロペシアの効果です。

これはすなわち、プロペシアを飲めば必ず髪の毛が生えてくるというわけではなく、その他にも様々な要因で髪の毛は成長したり抜けたりを繰り返して、そのうちの一部のマイナスの要因を阻害しているだけなのです。

AGAの原因を阻害していますので、AGAでなければ効果はなく、逆にAGAの薄毛の場合はより効果がでやすい、というのが実情です。

プロペシアとAGAの具体的な関係をまとめると、AGAは悪性の男性ホルモンの量が増えることによって引き起こされていて、その悪性の男性ホルモンは普通の男性ホルモン(テストステロンと呼ばれる)と5アルファ還元酵素というものが合わさって生成されます。

プロペシアは、この5アルファ還元酵素という物質の働きを阻害することで、悪性のホルモンの生成を阻害し、AGAの進行を食い止める働きをするのです。

この一連の流れがプロペシアがAGAに効果を発揮する一連の流れで、悪性男性ホルモンが減ったあとは、自身の持つ髪の毛の成長力によって、また髪が生えてくることになるのです。

非常に年を取っていると別ですが、一般的に30代や40代程度であれば、髪の毛はしっかり成長すると思いますので、AGAでプロペシアを飲めば概ね髪の毛は生えてくると言ってもよいでしょう。

ただし、髪が成長してから頭の薄毛が隠れるまでには多少時間がかかってしまうため、最低でも3ヶ月、できれば6ヶ月は薬を飲み続けて、効果を確認する必要があります。

プロペシアの気をつけるべき副作用

プロペシアには副作用があります。通常薬であれば必ず持っているような副作用と、プロペシア特有の副作用があります。

例えば肝臓や腎臓に対する重篤な副作用がプロペシアにはある、というような話がありますが、これは全ての薬が持っているリスクです。

薬の多くは代謝するにあたって、この肝臓と腎臓の働きが必要となります。薬を飲むとこの臓器に負担がかかりますし、何かあった場合にダメージをうけやすいのもこの肝臓と腎臓です。

薬は全て使用できるようになるまでに様々な試験が行われ、その中にはもちろん副作用に関する試験も含まれています。

プロペシアの腎臓や肝臓に対する副作用のリスクとしては、他の薬のそれと変わりません。もし他の薬のの副作用のリスクを気にすることなく服用できるようであれば、プロペシアについても特段このような臓器に対する重篤なリスクを気にする必要はないでしょう。

その他の副作用ですが、やはり気になるED(勃起不全)や性欲減退でしょうか。

この副作用はプロペシアの副作用の中では割と頻度が高い部類にはいります。性欲減退の発症頻度は1年の服用で1~5%程度で、EDについては1%前後と言われています。

これは100人服用すると1~5人程度がこの副作用の症状を訴えるようなれレベルですが、他の様々な治療薬の副作用の発症率も考慮し、客観的な観点でこの数字を見ると、決して高くはありません。服用に当たって心配する必要はあまりないでしょう。

難しいのは、AGA治療ではプロペシアは継続服用が求められることと、プロペシアを服用しているうちはこの副作用が常につきまとうという点です。

性欲減退やEDを感じた場合は、よく服用の継続も含めて検討しましょう。対処としては、その他の性欲減退やEDの改善に関わるような活動をすることか、あるいはプロペシアの服用を止めてしまうことが挙げられます。プロペシアの服用を止めれば、基本的にはこれらの副作用はなくなります。

また、同じ発毛成分にはミノキシジルがあります。

ミノキシジルを内服した場合は、上記のような症状が現れることがあります。

反対に、ミノキシジルを塗布する育毛剤タイプの場合は、赤らんだりかゆくなったりする副作用があります。

効果と副作用はそれぞれ違うので、ミノキシジルの効果や副作用も別途調べてみるとよいでしょう。

2016/09/26